介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

や行

要支援認定

投稿日:

要介護認定の判定を行っても要介護状態には至らないが、放置すれば

要介護状態となるおそれがある状態と認定することを、要支援認定という。

いわゆる虚弱高齢者が想定されており、保健給付においては予防給付

受けられる。その場合、痴呆対応型共同生活介護以外の居宅サービスや、

福祉用具購入費住宅改修費居宅サービス計画の作成などのサービス

は受けられるが、施設サービスは利用できない。市町村が行う認定で、要

介護認定と共通の全国一律の客観的な方法を用いて行われる。認定調査

の結果と主治医意見書にもとづき、介護認定審査会において審査判定が

行われ、その結果に従い市町村が要支援認定を行う。市町村は原則として

申請から30日以内に結果を通知しなければならない。また、要支援認定は

申請日の遡って有効である。


-や行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ユニットケア

個室を原則としており、10名程度の高齢者が一つのユニットを構成してい る。グループ毎に食堂や談話スペースなどの共用部分を設け、また職員の 勤務形態もユニット毎に組むなど、施設の中で家庭的な環境を作り出 …

no image

有償ボランティア

有償ボランティアとは、福祉活動等に際して交通費、食費、報酬が保障 されていることをいう。ボランティアとは自らの意志にもとづき無償で福祉 活動等を行う者のことを指すが、この場合とは異なり、どこまでをボラ …

no image

ユニバーサルデザイン

障害のある人や高齢者等にも使いやすくするという意味ではバリアフリー もユニバーサルデザインも同じであるが、最初からバリアをつくらないとい うことに重点を置いているのがユニバーサルデザインの考え方である …

no image

養護

高齢化に伴う人口構造の変化、核家族化による家庭機能の変化縮小に より、家庭養護から施設でそれを補完する社会的養護へと発展し、その 範囲も成人、高齢者、障害者へと広くに及んだ。養育、療養、矯正教育、 リ …

no image

予防給付

介護給付と比べると施設サービスと痴呆対応型共同生活介護が給付対象 とならない点で異なる。特定福祉用具の購入費(居宅支援福祉用具購入 費)、居宅介護支援の利用(居宅支援サービス計画費・特例居宅支援サー …