介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

は行

半坐位(はんざい)とは?

投稿日:2018年8月19日 更新日:

今回は「半坐位(はんざい)」について説明します!

 

半坐位ってなに?

半坐位(はんざい)とは、座位(座ったときの体勢)の一種で、ギャッジベッドや椅子の背、バックレストなどを利用して上半身を45°起こした状態をいいます。

 

ふだん抑臥位(あお向けのこと。「ぎょうがい」と読みます)や側臥位(横向けのこと。「そくがい」と読みます)などで寝ている人が、食事や面会時などに半坐位になることが多いです。

また、心臓や肺の障害をもった方の中には、抑臥位では呼吸困難が生じるケースがあるため、半坐位の状態で睡眠をとる方もいるようですね。

 

半坐位になる理由は様々ですが、単純に何らかの作業をする際に抑臥位や側臥位よりも効率的であったり、抑臥位や側臥位では食事をとることができなかったりすることが多いです。

 

なお、この半坐位は「ファーラー位」とも呼ぶこともあります。

ファウラー位(ふぁうらーい)とは仰臥位で下肢を水平にしたまま上半身を45度程度上げた半座位のことである。この角度が90度の場合を座位、15~30度の場合をセミファウラー位と呼ぶ。そのままでは身体がずり落ちてしまうため、頭を起こす前に足を軽度起こしておくことが重要である。

 

上半身を15~30°に起こした状態であるセミファーラー位はファーラー位(半坐位)よりも角度が小さく、より寝ている状態に近いことが特徴です。

これによってファーラー位(半坐位)よりも起き上がる際の変化が少なくて済み、より腰などの部分に負荷がかからないというメリットがあります。

 

ギャッジベッドってなに?

先述した半坐位の説明で、「ギャッジベッド」というものが出てきました。

このギャッジベッドはとりわけ半坐位との関わりが深いので説明しておきます。

 

ギャッジベッドとは、半座位の状態を他動的に確保するために使用されるベッドのことであり、主に座位姿勢をとれない障害者や重度の疾患者、術後患者、呼吸器疾患を有する患者、自由に移動できない病弱な高齢者等に用いられます。

 

ベッドの上半分あるいは下半分が、手動または電動で上げ下げの調節ができるベッドであり、誰でも簡単に、そして自由に調節できることが魅力です。

 

ギャッジベッドにも様々な種類があるので一概には言えませんが、先述したセミファーラー位に設定できるものや、50°~70°など、より角度が大きく調整できるものも多いです。(電動式のギャッジベッドだと特に調整できる範囲が広いですね)

 

おわりに

今回は「半坐位(はんざい)」について説明しました。

ファーラー位と同じ意味だということが忘れがちなので注意です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 


-は行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

パーキンソン病

中脳の黒質や大脳基底核等の病変による振戦麻痺で、原因不明の進行 性疾患である。手足の震えと動作の緩慢、加速歩行、前傾姿勢、仮面様 顔貌を特徴とする。特定疾患治療研究対象疾患の一つである。 「特定疾患  …

no image

配食サービス

1ヵ月に1回の配食による安否確認等を目的としたものから、365日3食 提供するタイプまで幅広い形で行われている。介護保険の給付対象サ ービスには含まれていないが、生活支援サービスとして、食材費等は自 …

no image

ボランティアセンター

ボランティア活動を支援するために社会福祉協議会に設置されている機関。 制度や行政だけでは充足することができないきめ細かな福祉サービスの実 現を図り、人間相互の関係に支えられた生活、住みやすい地域社会づ …

no image

福祉用具

一般的に福祉用具には自助具(自らの機能を補う)の側面と、介助具 (介助する側の機能を補う)の側面とがある。平成5年の福祉用具の研 究開発および普及の促進に関する法律の制定以来、福祉用具という言 い方が …

no image

福祉年金

現在では、昭和61年4月前に老齢福祉年金の受給権を有していた者に対 してのみ老齢福祉年金が支給されており、障害福祉年金の受給権を有し いた者、母子福祉年金および準母子福祉年金の受給権を有していた者に …