介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

な行

ナーシングホームとは?

投稿日:2018年8月19日 更新日:

今回は「ナーシングホーム」について説明します!

 

ナーシングホームってなに?

ナーシングホームとは、高齢者に限定された場所ではなく、障害者なども居住することができる施設のことです。

 

高齢者だけでなく障害を持っている方でも居住できるという特性上、ナーシングホームには看護師や介護士が常駐しています。

この点は利用者・居住者からみたら非常に安心できるポイントだと思います。医療や介護の専門的なスキル・知識を持つ人がいるって心強いですよね。

 

また、ナーシングホームの居住エリアは全室個室となっており、個人のプライバシーが確保された生活空間を持つことができます。加えて、共有スペースとして食堂・浴室・居間などが設けられており、他の利用者と交流できる空間も用意されています。そのため、気分や状況に合わせて生活しやすい環境といえます。

 

このように、ナーシングホームではQOL(クオリティ・オブ・ライフ、生活の質)が高く保ちやすく、非常に満足感の高い生活を送ることができるよう配慮されています。

 

 

海外との比較、海外のナーシングホームの特徴

ナーシングホームは海外、特に欧米諸国の影響を強く受けたとされており、しばしば海外の施設と比較されることもあります。

 

一例として、日本との関係が深い「アメリカ」のナーシングホームを挙げたいと思います。

 

アメリカでは、ナーシングホームが援助型ホーム看護型ホームの2種類に区別されています。

 

援助型ホーム

援助型ホームは、比較的軽度の障害をもつ老人に対して、基礎的な介護・医療サービスを提供することが特徴です。

そのため、障害の程度に合わせた生活サポートや、急に体調を崩したときの対応などがメインになります。

 

看護型ホーム

看護型ホームは、援助型ホームと比較してより重度の障害をもつ老人に対してサービスを提供することが特徴です。

相手が重度の障害をもっているため、施設に常駐して勤務しているスタッフもより専門的な治療、援助を提供します。

そのため、援助型ホームよりもサポート範囲が広くなりがちで、より居住者に寄り添う機会が多くなります。

 

このように、アメリカでは居住者の障害の程度に合わせて区別されています。

障害の程度で区別することによってそれぞれの施設のタイプに合わせて人員を配置でき、入居者の特徴を把握しやすいという運営側のメリットもありますね。

 

 

ナーシングホームに入居する条件とは?

ナーシングホームには先述したようにたくさんのメリットがあります。

しかし、実際にナーシングホームに入居するには条件が定められています。

 

それは主に、介護保険制度における要介護認定です

要介護認定の分類は、要支援、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5となっており、数字が大きいほど介護の必要度合いが大きくなります。

 

この中で、ナーシングホームに入居できるのは基本的に要介護2以上の方が対象です。

その他、施設によって細かい入居条件が定められていることがあります。

そのため、入居を検討する際はぜひ施設のホームページなどを確認してください。

 

介護保険制度における要介護認定の仕組みについての詳細な情報についてはこちらをご覧ください。

 

おわりに

今回は「ナーシングホーム」について説明させて頂きました。

ナーシングホームは入居者に配慮したサービスが多く、興味深いですよね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!

 


-な行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

内部障害

結核や、公害などが原因による気管支喘息になると、呼吸器に慢性的な 障害があることになり、日常生活に支障きたすようになる。この呼吸器障 害のほかに、心臓、腎臓、膀胱、直腸、小腸などの内臓の障害が、内部 …

no image

尿閉

膀胱内に尿が充満しているにもかかわらず、これを自分で排出できない 状態をいう。原因としては、前立腺肥大症、前立腺がん、尿道狭窄症等 がある。この他外傷、脳卒中、直腸がんの手術等で膀胱神経に障害が おこ …

no image

脳塞栓

脳塞栓は、前駆症状もなく、急激に発作が進展し、出血性梗塞に移行す ると意識障害が増し、予後も良くない。空気・脂肪・腫瘍細胞による塞栓 はまれである。成因となる疾患は主にリウマチ性心臓弁膜症、心房細動、 …

no image

内部障害者更生施設

内臓の機能に障害のあるものを入所させて、その更生に必要な治療、指導 および訓練を行う施設。指導、訓練等や健康管理などが行われる。身体障 害者福祉法にもとづき設置される身体障害者援護施設のうち身体障害者 …

no image

脳梗塞

脳血栓症や脳塞栓症等の脳血流障害により、脳に不可逆的変化がおこ ること。脳の循環不全により、脳組織への酸素供給量が低下し、脳代謝が 阻害され、脳神経機能がまひし、さらに細胞の壊死により梗塞に至る。症 …