介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

か行

在宅酵素療法とは 在宅酵素療法のポイント!

投稿日:2018年8月19日 更新日:

今回は「在宅酵素療法」について説明します!

また、実際に在宅酵素療法を実施する際のポイントについてもご紹介します。

在宅酵素療法って?

「在宅酵素療法」とは、肺繊維症、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性呼吸器疾患あるいは難病などによって慢性呼吸不全状態にある患者さんが、病院など医療施設ではなく在宅で行う酸素吸入治療法のことです。

 

以前は基本的に慢性呼吸不全患者は酸素吸入を必要とすることから入院が必要でした。

慢性呼吸器不全について

 

しかし、近年の医療用具技術の進歩や、慢性呼吸不全患者を病院から解放し家族との生活を可能にすること、QOLを改善し社会復帰につなげるという目的などから、高圧酸素ボンベや酸素濃縮器を使用して在宅でも酸素療法が継続できるようになりました。(もちろん、症状などは個人差があるため、在宅酵素療法を実施できない場合もあります。)

 

具体的には、動脈血酸素圧が著しく低下するため医師が必要と認めたものに対して行われます。

なお、これは健康保険の適用を受けるので個人の経済的な負担が少なく、利用しやすい点も魅力です。

 

実際に在宅酵素療法を実施する際のポイントは?

このように、在宅で処置できるようになる在宅酵素療法ですが、実際に実施する際にはいくつかポイントがあります。

 

まずお伝えしたいのが、在宅酵素療法を実施する際に使う用具関係についてです。

 

実際に患者さんに対して使用する用具として、酸素供給器は欠かせません。

この酸素供給器には酸素濃縮器、酸素発生器、酸素ボンベなどがあり、患者さんの症状などによって扱う用具の種類などが変化します。

 

この酸素供給器を扱う際に注意が必要で、実際に処置をするときはもちろん、用具の管理やメンテナンスなど、その用具に対する適切な知識や行動が求められます。

そのため、事前にそれらをしっかりと把握することが大切です。

 

また、実際に在宅酵素療法を実施する際のポイントとして、救急時の対応について事前に想定しておくということも挙げられます。

 

上記でも説明しましたが、在宅酵素療法は肺繊維症、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性呼吸器疾患あるいは難病などによって慢性呼吸不全状態にある患者さんに対して行うものです。

そもそもこれらの症状は決して軽いものではなく、万が一の事態が考えられるものです。

 

そのため、在宅で処置を施している際に突然体調が悪くなったり、なにかトラブルが発生することも十分に考えられます。

そこで、在宅酵素療法を実施する際には、患者さん本人あるいは介助者が用具などの取り扱いに習熟するだけでなく、救急時の対応を援助するためのネットワークが欠かせません。

 

万が一の事態に備えて、医師や専門的な医療知識を持つ人たちとのコミュニケーションを普段から大切にしておきましょう。

 

おわりに

今回は「在宅酵素療法」について説明しました。

病院ではなく在宅で処置できるので精神的にとても楽になる場合が多いですが、その一方で緊急時の対応の重要さも大きくなるのは覚えておきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 


-か行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

更生相談所

  今回は「更生相談所」について用語の意味や用法を説明します!   更生相談所とは? 更生相談所とは、ひとことで言ってしまえば、「障害者の更生を助ける場所」のことです。 &nbsp …

no image

介護療養型医療施設

療養型病床群等を有する病院または診療所で、都道府県の指定を受け たものをいう。療養型病床群等には療養型病床群のほか、老人性痴呆 疾患療養病棟および介護力強化病院を含むが、介護力強化病院は制 度施行後3 …

no image

健側(けんそく)・患側(かんそく)とは?

今回は「健側(けんそく)・患側(かんそく)」について説明します!   健側(けんそく)・患側(かんそく)ってそもそもどういう意味? 健側(けんそく)と患側(かんそく)・・・ 恥ずかしながら、 …

no image

喀血(かっけつ)

結核、気管支拡張症、腫瘍、肺炎などによる。喀血が多いときには、ショッ クや誤嚥(ごえん)による窒息に至る。処置としては、心身および局所の安 静を図り、鎮静剤および鎮咳剤を投与し、止血あるいは必要に応じ …

no image

ケアハウス

老人福祉法にもとづく軽費老人ホームの一種で、60歳以上の者、または 夫婦のどちらかが60歳以上のものであって、身体機能の低下または高齢 等のために独立して生活するには不安でもあるものが、自立した生活を …