介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

あ行

温罨法(おんあんほう)って??

投稿日:2018年8月5日 更新日:

今回は「温罨法(おんあんほう)」について説明します!

 

温罨法(おんあんほう)ってなに?

温罨法・・・。

読み方からしてちょっと難しいですね。

 

温罨法(おんあんほう)とは、罨法(あんぽう)の一種で、患部を温めて血管を拡張させ、身体の循環改善により亜急性あるいは慢性病変による疼痛(とうつう)の軽減を意図するものです。

 

もう少しかみ砕いて説明すると、温熱の刺激で身体を温めて身体の血液の循環をよくし、痛みを和らげ、運動を楽にする効果をねらったものです。

 

温罨法で用いられる器具

身体を温める際に用いられる器具としては、湯たんぽやかいろ、温湿布、電気毛布、電気あんかなどがあります。

これらの多くは保温の目的で用いられ、乾熱によるものと湿熱によるものがあります。

 

湿熱ではタオルや布を湯で温めるといった比較的簡単な方法や、保温性の良いホットパックを用いる方法があります。一方、カイロや湯タンポを用いた方法は一種の乾熱療法であるといえます。

 

湯たんぽや電気あんかなどは準備が必要だったり、使える場面が限られてしまいますが、かいろ(持ち運びしやすいタイプ)であれば、効果は低くなってしまうものの、使える場面が多そうですよね。そのため、温罨法を実施する場面や状況に合わせて適切なものを選択することが大切になります。

 

このように、特殊な器具や設備が必要なく、比較的手軽に行えるのが温罨法の魅力かもしれませんね。

 

しかし、温罨法は用いる道具や器具の扱いをしっかりと管理しないと火災ややけどにつながる危険もあるため、その点には十分な注意が必要です。

 

温罨法の具体的な効果

温罨法は温熱の刺激で身体を温めて身体の血液の循環を改善させるといった効果をはじめ、さまざまなが期待できますが、温罨法を実施することによって筋緊張弛緩による効果(リラックス効果)も期待できます。

 

リラックス効果を期待した具体例として、「ホットアイマスク」が挙げられます。

近年ではCMなどでも見るようになり、メジャーになったホットアイマスクですが、目の付近に温熱刺激を与えることによって、その周辺の血液の循環を改善させたり、リラックスできたりします。

 

このように、日々の生活の中でも身近に取り入れられていることは注目すべき点かもしれませんね。

 

おわりに

今回は「温罨法(おんあんほう)」について説明しました。

個人的には、温罨法は体を外部から温めるというシンプルな方法のため、手軽に行えるだけでなく、身体へのリスクが少ない傾向にある点も魅力だと感じています。

 

しかしその一方で、繰り返しにはなりますが、温罨法は用いる道具や器具の扱いをしっかりと管理する必要があることに注意してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!

 


-あ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

栄養所要量とは?

今回は「栄養所要量」について説明します!   栄養所要量ってなに??意味や特徴を整理!   「栄養所要量」とは、健康人を対象として国民の健康の保持・増進、生活習慣病の予防のために標 …

no image

アクティビティサービス

利用者の日常生活のおける心身の活性化のために、さまざまな活動 (アクティビティ)を提供するサービスです。アメリカなどでは、アクティビ ティサービスも名のもとに、専門的なワーカーによる活動提供が広く行 …

no image

移乗機

移乗介助は最も労力を要する介助の一つであり、介助者の腰痛の一因 ともなるために、移乗機の開発は早くから進められてきました。腰掛けタ イプのものや、天井走行型や移動式懸吊のリフターなどがある。ベッド- …

no image

医学的リハビリテーション

広義には、障害者のリハビリテーション過程における保健、治療等の 医学的側面全般を含む。狭義には、リハビリテーション医学の裏づけ によりその専門性が認められる部分、すなわち理学療法、言語療法、 義肢装具 …

no image

移乗動作

移動前と移動後の平面が変わるときに用いる。日常生活活動の分類、 訓練などで重要なものの一つ。ベッド-車いす、車いす-便器等の乗り 移りの動作をいう。移乗動作は、障害者が日常生活を営むためには、 不可欠 …