介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

あ行

ウォーターマットとは?褥瘡予防にも役立つ!

投稿日:2018年8月5日 更新日:

今回は「ウォーターマット」について説明します!

 

ウォーターマットってどんなもの?

ウォーターマットとは、ひとことで言ってしまえば「ウォーターベッドに使われるマット」のことです。

中に布団やエアーマットで使われるような「わた」の詰め物が使用されておらず、その代わりに「水」が入っています。(ウォーターベッドについてはこちらで紹介しているので興味のある方はご覧ください。)

 

中に水が入っていることにより、水の「浮揚性」や「等圧支持力」が作用するため、体圧を分散させることができ、寝た際に沈み込みすぎるといったことが起こりません。

 

このウォーターマットはどなたでも使用することができますが、寝返りができない場合や体位変換が困難な場合の褥瘡(じょくそう)予防に使用されるケースも多いです。

 

ウォーターマットの特徴

ウォーターマットには、布団やエアーマットにはないさまざまな特徴があります。

 

まずウォーターマットの特徴として挙げられるのは、マットの中に水袋が入っているため、「わた」の詰め物がないことです。なお、ウォーターマットの水袋はほとんどが分割方式で、上下や数箇所に分かれているタイプがあります。

 

また、ウォーターマットには「全身用」と「車椅子用」があり、それぞれに適した形状になっていることも特徴です。

 

その他、「サーモスタット内臓ヒーター型」など、冬場に使用する際に冷たくないように温度を調節する機能もあります。

 

一般的なエアーマットとの違い

これまでお伝えしたように、「わた」などではなく、「水」が使われているのがウォーターマットとエアーマットの違いですがより詳細な違いについてお伝えしたいと思います。

 

まずお伝えしたいのは、ウォーターマットはエアーマットと違って通気性・吸湿性が非常に悪いので、ウォーターマット使用時には吸湿性のよいシーツをあわせて使用する必要があります。

 

便利なウォーターマットですが、水を入れる作業もありますし、通常の布団やエアーマットよりも下準備に手がかかるかもしれませんね。

 

また、両者の違いとしては、エアーマットを使うと使用者がよく汗をかくため不潔になる場合もありますが、ウォーターマットは比較的汗をかきにくく、不潔になりにくいです。

 

おわりに

今回は「ウォーターマット」について説明しました。

ウォーターマットはさまざまな特徴があるので、エアーマットとの比較が興味深いですよね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!


-あ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あ行一覧

あ行一覧です。

no image

異物収集ってなに?痴呆との関係も?

今回は「異物収集」について説明します!   異物収集ってどんな意味? まず、「異物収集」の意味について説明します。   異物収集とは、ひとことで言うと「周囲の人には不可解な物を不可 …

no image

アクセスフリー

公共の建物などで、身体障害者の利用にも配慮した設計のことをいいます。 基本的には、建物内部の目的部局に容易に到達できる、建物の入り口に 容易に到達できる、目的の建物に容易に近づくことができるなどとされ …

no image

高齢者の運動シーンやリハビリの際に必ず行うべきウォームアップ!

今回は「ウォームアップ(ウォーミングアップ)」について説明します。   そもそもウォームアップとは・・・ まず、「ウォームアップ(ウォーミングアップとも呼ばれますね。今回の記事では「ウォーム …

no image

インフォーマルサービスとインフォーマルケア

今回は「インフォーマルサービス」について説明します!   インフォーマルサービスとは? まず、「インフォーマルサービス」の意味について説明します。   インフォーマルサービスとは、 …