介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

あ行

ウォーターベッドってなに?どんな仕組みなの?

投稿日:2018年8月5日 更新日:

今回は「ウォーターベッド」について説明します!

 

ウォーターベッドとは?

「ウォーターベッド」とは、ひとことで言ってしまえば「水が入ったマットレスが用いられているベッドのこと」です。

 

一般的に「ベッド」と言われてイメージするのはマットレスを利用したおなじみのものだと思います。

しかし、一般的なマットレスはその材質や経年劣化などにより、自分にとっては固すぎたり、体が沈み込みすぎたりする場合があります。

 

そのようなベッドを使い続けていると、体の一部にだけ強い負荷の圧力が加わってしまい、筋肉や血管のトラブルを引き起こしてしまう危険性があります。

 

しかし、「ウォーターベッド」の場合はマットの材質が「水」であるという特性があります。

このことによって水の浮力で全身を支えるため、少しの体動でも圧力がかかる部分が変わり、また圧力が分散されるため、体の一部分が長時間圧迫されることが回避できます

また、体の出っ張った部分は沈むので、骨格が自然な状態に保たれ、体への負担が軽くなります。

 

具体的には、体の一部分が長時間圧迫されるのを回避できるため、褥瘡(じょくそう)などの問題を回避できます。

 

ウォーターベッドの仕組み

ウォーターベッドの仕組みについてですが、やはりウォーターベッドは材質が水のマットを使用しているという点が最大の注目ポイントです。

ウォーターベッドの仕組みは水のマットの説明といっても過言ではないでしょう。

 

このマットは「ウォーターマット」とも呼ばれ、このマットがさまざまな機能(温める機能など)を備えています。

ウォーターマットの具体的な機能や説明についてはウォーターマットとは?褥瘡予防にも役立つ!という記事で紹介しているのでご覧いただければと思います。

 

このウォーターベッドですが、その仕組み上、使用しているときに水面に浮いた感覚があるため、寝ていると船酔い状態になるケースもあるようです。

また、水を使用しているためベッド自体が非常に重くなり、ベッドを置く「床」にある程度の強度が必要となるようです。

 

このあたりはウォーターベッドを使う上で避けられないデメリットになりそうですね。

単純にメリットがあるだけでないことは覚えておいたほうが良さそうです。

 

おわりに

今回は「ウォーターベッド」について説明しました。

ウォーターベッドはさまざまな魅力がある反面、デメリットもあることがわかりました。

使用率はまだまだ低い気がしますが、介護などへの利用もできますし、今後注目されていくかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!


-あ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

意識障害

一般に自分が今どこにいてどんな状態かわからず、あとになってその間 の記憶が存在しない。意識障害の種類としては、意識の清明度の異常で ある意識混濁(いしきこんだく)、意識の視野が狭まる意識狭窄(いしきき …

no image

エコロジカルアプローチとは?

今回は「エコロジカルアプローチ」という言葉について説明します!   エコロジカルアプローチってなに? あまり耳にしないこの言葉。 エコロジカルアプローチは実際に会話で出てきたときに、パッと「 …

no image

高齢者の運動シーンやリハビリの際に必ず行うべきウォームアップ!

今回は「ウォームアップ(ウォーミングアップ)」について説明します。   そもそもウォームアップとは・・・ まず、「ウォームアップ(ウォーミングアップとも呼ばれますね。今回の記事では「ウォーム …

no image

育成医療

身体障害者福祉法に規定する身体上の障害又は現存する疾患(しっか ん)を放置すれば将来同法に規定する障害と同程度の障害を残すと認 められる疾患で、確実な治療効果が期待できるものを対象とする。当該 児童の …

no image

温罨法(おんあんほう)って??

今回は「温罨法(おんあんほう)」について説明します!   温罨法(おんあんほう)ってなに? 温罨法・・・。 読み方からしてちょっと難しいですね。   温罨法(おんあんほう)とは、罨 …