介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

ら行

留置カテーテルとは?

投稿日:2018年8月19日 更新日:

今回は留置カテーテルについて説明します!

 

留置カテーテルとは?

一般的にはあまり馴染みのないこの言葉。

留置カテーテルとは、膀胱内に挿入されたカテーテルをそのままの位置で固定し、脱落しないようにした状態のことを指します。

 

これは前立腺の不調、膀胱頸部疾患、尿道狭窄、外傷などがある患者さんに対して行われることが多く、膀胱から直接的に尿流を確保するために用いられます。

簡単に言ってしまえば、自然排尿が困難な人に対して排尿を物理的にサポートすることが目的です。

 

また、介護施設の高齢者などにみられることもあるケースですが、失禁が強くおむつやその他の方法では排尿する際に著しい問題が生じる人に対して留置カテーテルの状態をつくり、直接尿を外に排出させる場合もあります。

 

留置カテーテルのリスク

留置カテーテルは排尿のトラブルを一時的に回避できる反面、考えなければならないリスクもあります。

 

そもそも、本来は自然排尿をすることが望ましいです。(これは言うまでもありませんが・・)

そのため、排尿にトラブルが起こった際に留置カテーテルを用いて対処しても、あくまで一時的な利用にとどめておくことが大切です。

 

というのも、留置カテーテルを行っている期間(留置期間)が長期間になればなるほど、自然排尿を行わない期間が長くなってしまうので、その分膀胱の拡張・収縮機能が弱まっていきます

また、カテーテルを挿入した箇所から細菌が入り込むなど、医療的な側面のリスクもあります。

 

このような状態になってしまうと、カテーテルの抜去後に自然排尿することが困難になってしまいます。

個人差や状態の程度の差があるので、目安となる具体的な処置期間は言えませんが、必要以上に処置期間が長くなってしまうとこのようなリスクが大きくなることは覚えておくとよいかもしれません。

 

留置カテーテルを処置するのは誰なの?

留置カテーテルは介護士など、介護・福祉を専門としている方では行うことができません。

そりゃあそうですよね。介護士の方も多少の医療知識があるとはいえ、外科的な要素が強いですし。

そこで、留置カテーテルの処置を行うのは訪問看護師などの医療従事者になります。

 

なお、留置後の注意点として、以下のような点が挙げられています。

  • 尿やカテーテル・蓄尿バック(採尿バッグ)などに触れる場合は、衛生面に配慮して手洗いや手指消毒を徹底すること。手袋の使用も必要となる。
  • 蓄尿バック(採尿バッグ)は常に膀胱より低い位置に置くことを心がけ、バックを逆さにしないように気をつける。
  • 留置後、蓄尿バック(採尿バッグ)が床に直接つかないようにし、不潔にならないように配慮する。

 

さいごに

今回は「留置カテーテル」について説明しました。

なお、今回のまとめとして表形式で情報をまとめてみました。

 

参考になれば幸いです。

意味膀胱内に挿入されたカテーテルをそのままの位置で固定し、脱落しないようにした状態のこと
対象となる人自然排尿が困難な人(前立腺の不調、膀胱頸部疾患、尿道狭窄、外傷などがある患者さん、その他排尿する際に著しい問題が生じる人)
処置を行う人訪問看護師などの医療従事者
リスク長期間使用していると、自然排尿に障害が起こる可能性

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後もよろしくお願いします!


-ら行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

老人福祉

老人福祉における基本理念は、老人福祉法第2条および第3条に示される ように、老人に対する敬愛と、生きがいを持てる健全で安らかな生活の保 障、さらに老人の自助努力による心身の健康の保持、希望と能力に応じ …

no image

療養型病床群

2000年(平成12)の医療法の改正により設けられた医療施設の新たな 類型の一つ。主として長期にわたり療養を必要とする患者のための一 群の病床として、一般病院の病床のなかから都道府県知事の許可を受 け …

no image

リハビリテーションカウンセラー

障害者職業カウンセラーのようにリハビリテーション計画の作成、リハビリ テーションサービスの確保、就職援助、就職後のフォロー、広報啓蒙活動 等の業務に幅広く関わる場合もある。リハビリテーションの過程で、 …

no image

臨床工学技士

医療機器の進歩等に伴い、医師、看護師等と専門技術者によるチーム 医療によって臨床現場を支えていくことの重要性を受け、昭和62年に誕 生した比較的新しい専門分野である。生命維持管理装置の操作を行え るの …

no image

離床

離床が進むことにより食事、排せつ、清潔などの日常生活を自立して行う ことが可能になる。また交流も広がるため、知的・精神的活動の活発化す ることが期待できる。ベッド上で生活していた人が、徐々にベッドから …