介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

さ行

ソーシャルサポートネットワークとは?

投稿日:2018年8月19日 更新日:

今回は「ソーシャルサポートネットワーク」について説明します!

 

そもそもソーシャルサポートネットワークの意味は?

まず、「ソーシャルサポートネットワーク」の意味や定義について説明したいと思います。

 

ソーシャルサポートネットワークは、「社会生活を快適に過ごす上で生じてしまうさまざまな問題に対して、家族や友人、ボランティアや近隣住民などの福祉分野や介護分野などに対して非専門的な援助者が援助を行うネットワーク」を意味します。

 

もう少し具体的に言えば、「問題の解決が長引いている利用者に対して日常のネットワークを計画的に再形成した支援体制を提供することで、利用者のパーソナリティや生活状況、緊急性を考慮して提供される個別のネットワークのこと」だと言えます。

 

なお、場合によっては社会福祉施設の専門家など、専門的な知識や経験を持った人が支援することもあるため、一概に福祉分野や介護分野などに対して「非専門的」と確定することはできません。それを考慮すると、ソーシャルサポートネットワークの範囲はかなり広いと言えます。

 

また、ソーシャルサポートネットワークは比較的新しい新しい概念であるため、まだ明確に概念整理されていないという背景があるようです。それを踏まえて考えると、わざわざ専門的・非専門的と区分して考える必要はないかもしれないですね。(参考までにこちらのホームページを拝見したところ、専門的・非専門的といった記述はありませんでした。)

 

ソーシャルサポートネットワークの具体例

ここからはソーシャルサポートネットワークの具体例について説明します。

 

ソーシャルサポートネットワークの具体例として、以下のような例が挙げられます。

  • 社会福祉施設で働いていた経験がある人を招いて講演会を開き、知識や経験を共有してもらう
  • 足が不自由で外出できないという問題を抱えている人に対して、代わりに必要なものを買ってくる
  • 親族の代わりに車いすを押してあげる

 

このように、ソーシャルサポートネットワークに該当するものは幅広く、ちょっとしたことでもソーシャルサポートネットワークに当てはまります。

 

ソーシャルサポートネットワークの課題・問題点

ソーシャルサポートネットワークにはいくつか課題点も指摘されています。

 

ソーシャルサポートネットワークはその性質上、福祉分野や介護分野の知識や経験がない、もしくは不十分な方が何らかのアクションを行う可能性があります。そのような場合、それが原因で思わぬトラブルが発生する危険性があり、アクションを起こす前よりも自体が悪化してしまうといった事態を招きかねません。

 

また、サポートを受ける側が、サービスを受けることを「おせっかい」だと感じてしまい、口論になってその後の関係に支障が出てしまう事例なども耳にします。

 

密接にコミュニケーションをとりながらお互いに支え合えるなど、さまざまなメリットがあるソーシャルサポートネットワークですが、課題点・問題点があることも理解しておく必要がありそうですね。

 

おわりに

今回は「ソーシャルサポートネットワーク」について説明しました。

個別に援助していくという性質上、どうしてもメリットやデメリットがケースバイケースになってしまうため、その事例ごとに臨機応変に対応することが求められていることを実感しました。

また、インフォーマルサービスとインフォーマルケアと似通っている部分があるなぁと感じました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!


-さ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

作業療法士

作業療法を専門技術とすることを認められた者に付与される名称。理学 療法士および作業療法士法により資格、業務等が定められている。同法 によれば、作業療法士とは、「厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士 …

no image

腎不全

急激に広範囲な腎組織の破壊を起こした急性腎不全の多くは、治療 できる。慢性腎不全の予後は悪い。原因は急性では抗生物質、重金 属等による中毒性の腎細胞破壊や心筋梗塞、また出血等からくる腎の 虚血があげら …

no image

在宅介護支援センター

住民に最も身近な総合的相談窓口。保健・医療の専門職と福祉の専門職 が配置され、福祉用具の紹介やケアサービスの申請代行も行っている。介 護保険制度下では、ほとんどのセンターが居宅介護支援事業者の指定を受 …

no image

自立

障害者や高齢者を援助する際には、自立を支援することが大事である。 自立した生活とは、介護等の支援を受けながらも、主体的、選択的に生 きることであり、それを保障する支援方法が求められる。自立には、身体 …

no image

睡眠障害

うつ病や統合失調症では、睡眠障害がみられることが多く、睡眠障害には 睡眠の質と量の障害がある。量の障害には睡眠時間の減少はもちろん、入 眠困難、中途覚醒、早朝覚醒が認められ、質的障害には深睡眠の減少、 …