介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

さ行 資格情報

新たな介護系資格?「スマート介護士」ってなに?

投稿日:2018年10月15日 更新日:

今回は「スマート介護士」について説明します!

 

そもそもスマート介護士ってなに??

スマート介護士という聞きなれないこの言葉。

それもそのはずで、この「スマート介護士」は2019年3月頃(平成31年3月頃)に第1回目の試験の実施が予定されている介護系資格です。

 

そのため、まだスマート介護士の試験に合格した人も存在しないという非常に新しい介護系資格だといえますね。

 

この資格の創設・試験運営を行っているのは『社会福祉法人善光会のサンタフェ総合研究所』さん(住所:東京都大田区東糀谷 6-4-17 TEL:03-5735-8080 理事長:梅田茂)です。

 

実際に社会福祉法人善光会さんのこちらのホームページでスマート介護士についての詳細な説明などが掲載されています。

 

スマート介護士の内容や創設された経緯や背景は?

詳細なスマート介護士の内容や創設された経緯については、上記に載せているリンクからご確認いただければと思いますので、ここでは要点を引用しながらかいつまんでお伝えしようと思います。

 

スマート介護士の内容

まず、スマート介護士の内容について説明します。

 

◆「スマート介護士」とは
介護ロボット・センサー機器を組み込んだサービス提供体制を創造、設計、導入し、さらに継続的に改善するための専門性を兼ね備えた、介護の質の向上と効率化を図ることのできる介護士です。

 

つまり、スマート介護士はひとことで言うと、「介護ロボットやセンサー機器など、最新技術に関する知識が豊富な介護士さん」ということですね。

 

たしかに、介護分野は肉体的に「人」が作業を行うのが難しいこともありますし、最新技術を投入することによって利用者の利便性の向上や介護士の負担の減少につながると長期的にメリットがありますよね。

 

スマート介護士はどのような経緯や背景があって創設された?

次に「スマート介護士」の資格が新たに創設された経緯や背景について説明します。

 

◆「スマート介護士」創設の目的
高齢化が急激に進む中、介護現場では少ない人員で高品質かつ効率的な介護サービスを提供しなくてはなりません。そんな中注目を集めるのが介護ロボット・センサー機器ですが、運用の難しさからまだ普及に至っていないのが実情です。

 

しかし、増大する財政負担、不足する介護職員、増え続ける要介護(支援)者といった背景から、介護業務の改革をしなければならない時が迫っています。

 

介護士の不足や負担増、さらなる高齢化の進行などによって将来は現在以上に介護現場の混乱が予測されていますよね。

 

そのようなさまざまな問題に対して対応するために、介護ロボットやセンサー技術などの最新技術は非常に注目されています。

しかし、その反面そのような技術は総じて専門性が高く、適切に扱えない場合も考えられます。

 

そこで、そのような専門的な知識を現場で運用できるスキルをもった介護士さんを増やすことでさまざまな問題解決を図ったり、日々の業務を最適化したりすることができます。

 

似たようなことを私も日々感じているのですが、このまま何も手をうたないでいると将来の日本の介護現場は悲惨な状況になると思うので、是非このような体制が整っていけばと思います。

 

スマート介護士試験の試験概要

スマート介護士試験の試験概要について下記に整理してみました。

 

試験実施日

2019年3月17日
試験実施級Basic(初級)Expert(中級)
試験実施エリア東京・大阪・福岡
申込締切2019年1月31日
受験料Basic 6,480円
Expert 8,640円
問題形式マークシート択一方式
合格基準約70%以上で合格
受験資格なし

 

特徴としては、試験の実施内容が「Basic(初級)、Expert(中級)」と2段階に分類されている点や、受験資格が特に必要ない点などが挙げられます。

 

まだ具体的な試験難易度などはわかりませんが、介護現場で働いている人以外でも受験できますし、動向に注目しておいて損はなさそうですね!

 

おわりに

今回は「スマート介護士」について説明しました。

この資格はまだまだ認知されていないこともあり、今後の動向が気になっています。

次第に受験者数が増えていくといいなぁ。

 

あ、ちなみに私も受験しようと思います!(プログラミング系のことがあれば自信あるけど・・さすがに出題されないな笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 


-さ行, 資格情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

視覚障害

障害が永続するもので、一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下 のもの、両眼の視力がそれぞれ0.1以下のもの、両眼による視野の2分の 1以上が欠けているもの、両眼の視野がそれぞれ10度以内のも …

no image

食事療法

医師が患者の状態を総合的に判断し、食事の栄養等の分量や形態を指示 し、これに従い栄養士が治療食の具体化を献立計画に沿って行う。疾病の 治療の一環から、疾患の回復をより効果的にして治療の目的を果たすよう …

no image

自助具

身体に障害のある人でも、介助を受けたり、道具を使用すれば、その人の 行動範囲は広がり、より生き生きとした生活を営めることができるようにな る。自助具は、障害のある人が、それを使用することによって、障害 …

no image

障害年金

昭和61年4月から実施された年金制度の改正によって、それぞれ障害基 礎年金、障害厚生年金、障害共済年金に改称された。この結果、改正前 の制度による障害年金の受給者は、昭和61年4月1日前にこれらの障害 …

no image

手話通訳

障害者社会参加総合推進事業の基本事業の情報支援等事業の一つである 手話通訳者養成・研修事業における講習を修了し、本人の承諾があったもの が通訳者として登録され、これを証明する証票が交付される。活動に当 …