介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

や行

予防医学

投稿日:

疾患の病原が明らかになり、診断法、特異的な治療法、予防法が確立

したことにより成立した。対象としては従来単一病因である感染症が主

であったが、最近は多病因の生活習慣病が問題となっている。疾病の

原因を除去する等の働きかけを行い、疾病の発生を未然に防ぐことを

目的とする医学を指す。治療医学と対立的に用いられる。生活習慣が

発症と深く関与している病因として、喫煙と肺がんや肺気腫、動物性脂

肪の過剰摂取と大腸がん、食塩の過剰摂取と脳卒中、アルコール摂取

量と肝硬変、肥満と糖尿病などがあげられる。医療には大きく分けて治

療医学と予防医学があり、近年では特にこのように、病気を未然に防い

でいくという立場の予防医学がクローズアップされている。


-や行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ユニットケア

個室を原則としており、10名程度の高齢者が一つのユニットを構成してい る。グループ毎に食堂や談話スペースなどの共用部分を設け、また職員の 勤務形態もユニット毎に組むなど、施設の中で家庭的な環境を作り出 …

no image

予防給付

介護給付と比べると施設サービスと痴呆対応型共同生活介護が給付対象 とならない点で異なる。特定福祉用具の購入費(居宅支援福祉用具購入 費)、居宅介護支援の利用(居宅支援サービス計画費・特例居宅支援サー …

no image

要支援認定

要介護認定の判定を行っても要介護状態には至らないが、放置すれば 要介護状態となるおそれがある状態と認定することを、要支援認定という。 いわゆる虚弱高齢者が想定されており、保健給付においては予防給付が …

no image

予後

ある疾患または患者の経過および結末をいう。治癒の予後、生命の予後、 社会復帰の関する予後、視力や四肢の運動、臓器の機能に関する予後 などがある。病気の経過を前もって告げること。疾病にかかった者につい …

no image

薬剤師

調剤については薬剤師の独占業務であり、同時に調剤応需等も義務 を負う。薬剤師法にもとづく国家試験に合格し厚生労働大臣の免許を 受けて、調剤、医薬品の供給等薬事衛生をつかさどることを業務とする 者で、多 …