介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

や行

腰椎椎間板ヘルニア

投稿日:

重い荷物を持ったり、体をねじったりして突然発症する。単純X線撮影や、

ミエログラフィーで診断され、治療には安静や牽引療法等の保存的療法

と手術療法があり、原則的には保存療法である。これには、鎮痛剤、

熱療法などが含まれる。さらに、神経ブロック療法が適応となることがあ

る。神経根ブロック、硬膜外ブロックなどである。下部腰椎の椎間板髄核

が椎管内に脱出、膨隆し、神経根を圧迫して腰痛、座骨神経痛を来した

もの。また、片側の下肢痛が多いが、巨大なヘルニアの場合、両側で症

状が出現することもありうる。疼痛、しびれなどの自覚症状に加え、障害

された神経の支配領域に感覚障害を呈したり、運動神経の麻痺による

筋力低下を来たすことがある。


-や行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

要支援認定

要介護認定の判定を行っても要介護状態には至らないが、放置すれば 要介護状態となるおそれがある状態と認定することを、要支援認定という。 いわゆる虚弱高齢者が想定されており、保健給付においては予防給付が …

no image

要介護認定

介護保険のサービスを利用するには、介護が必要と認められることが必要 である。この判定を要介護認定という。要介護認定は訪問調査の結果とか かりつけ医の意見書をもとに、介護認定審査会で行われる。まず、寝た …

no image

有料老人ホーム協会

有料老人ホーム協会およびその会員については名称独占とされ、会員 名簿を公表すつことが義務づけられている。有料老人ホーム協会の具 体的な業務は、会員に対する指導、勧告、入所者からの苦情の解決等 である。 …

no image

ユニバーサルデザイン

障害のある人や高齢者等にも使いやすくするという意味ではバリアフリー もユニバーサルデザインも同じであるが、最初からバリアをつくらないとい うことに重点を置いているのがユニバーサルデザインの考え方である …

no image

養護老人ホーム

老人福祉法に位置づけられた今日でも、心身機能の低下または家庭的 ・住宅上の問題および低所得を入所資格要件としている。特別養護老人 ホーム等が増加するなかで、養護老人ホームだけは横ばい・微減傾向 にあり …