介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

さ行

細菌感染症

投稿日:

細菌感染症は、長い間人類を悩ませてきた。代表的なものとして結核、

コレラ、腸チフス、赤痢などがある。19世紀から20世紀にかけての医学

的な進歩は、細菌性感染症の源になっている、各種の細菌の発見、そ

して、それらの細菌に対する抗生物質の発見によって、細菌性感染症

による被害の、顕著な減少をもたらした。たとえば、結核は、長い間死亡

原因の第1位を占めていたが、抗生物質などにより激減した。しかし最近

は再び増加の危険性が指摘されており、平成11年には結核緊急事態宣

言が出された。また日本では、感染予防法で、感染力や疾病の重篤性な

どから総合的に判断して、法律の対象とする感染症を1類から4類にわけ、

それぞれの類型に応じて必要な対応・措置を定めている。

-さ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

セルフヘルプ

同じ障害や疾病をもつ者同士がお互いに情報交換したり、助け合うことを 意味し、そのために、グループや団体を結成して活動をしている。障害者 当事者団体などがセルフヘルプグループであり、具体的には、日本身体 …

no image

精神科デイケア施設

施設長は医師とされ、看護師、作業療法士、精神科ソーシャルワーカー、 臨床心理技術者等が配置されている。設置主体および運営主体は地方 公共団体である。回復途上にある精神障害者に対して、通所による利用 を …

no image

前立腺肥大症

前立腺が肥大し、尿道を押しつぶして排尿障害をおこす病気である。男性 に特有のもので、残尿感や排尿に時間がかかる、尿が出ないなどの症状 がみられる。男子高齢者の80~90%にみられ、頻尿、遷延性排尿・苒 …

no image

褥瘡(じょくそう)

褥瘡(じょくそう)のできやすい部分は、布団に接している臀部、腰部、背部、 肩、かかと等で、体の一部に持続的に力がかかると、表面を走る毛細血管 が圧迫され、皮膚への血流が乏しくなり、その部分の皮膚が死ん …

no image

職業教育

職業能力開発促進法にもとづくものとしては、障害者職業能力開発校等 の公共職業能力開発施設において障害者向き訓練科が設けられている。 なお、身体障害者更生援護施設においても一定の職業教育が行われて いる …