介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

さ行

腎臓移植

投稿日:

末期腎不全の治療法として透析療法と腎臓移植がある。提供者の生死

により生体腎移植と死体腎移植に分けられる。腎臓は、腰部の後腹膜

にあるそら豆形をした一対の実質器官。尿を生成しているほか、血圧調

整因子を分泌している。腎臓は予備機能が大きく、一個でも機能が果た

せる。腎臓移植とは、自己の腎が生体の恒常性を維持できなくなった場

合に、ほかの正常機能を有する腎臓で置換すること。

「腎臓移植ネットワーク ・・・ 日本では血液透析が圧倒的に多い状況に

あるが、近年、シクロスポリンなどの免疫抑制剤の使用によって腎移植の

成功率が急速に高まってきた。死体腎移植を中心に腎臓の提供を公平か

つ公正に行う組織として発足した組織である」


-さ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

社会福祉主事

社会福祉事業法にもとづき都道府県、市および福祉事務所を設置する 町村に置かれ、福祉事務所で老人福祉法、身体障害者福祉法などの 社会福祉六法に関する事務を行うことを職務としている。20歳以上の者 で、厚 …

no image

消費者運動

消費者が自主的に団体を組織して消費生活を守るための運動は、戦前 にも生活共同組合運動があったが、昭和30年代以降、多発する消費者 問題に対して情報提供型消費者運動や、消費者の権利を主張する積極 的な運 …

no image

時間預託制

サービスの利用者は運営主体に比較的定額の利用料金を支払うが、運営 主体はサービスの提供者には介護切符の名で呼ばれている介護券を報酬 として与える。介護券は、将来自分に介護が必要になった場合には、自分 …

no image

自己決定

自己決定の原則は、利用者自身の人格を尊重し、自らの問題は自らが判断 して決定していく自由があるという理念にもとづいている。しかし、無制限に自 由があるのではなく、自己決定能力の有無や公共の福祉に反しな …

no image

職業倫理

日本介後福祉士会は、職業集団としての明文化された倫理綱領をもって いる。法律に述べられている信用失墜行為の禁止や秘密保持義務はむ ろんのこと、利用者の人権を尊重し、無害、正義、善行の原則にもとづいて …