介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

さ行

神経症

投稿日:

精神病や精神病質、知的障害はこの分類に含まれない。治療により治癒した

場合、後遺症を残すことはまずない。特有な性格傾向を認め、疎通性、病識が

あり、治療意欲が高いことが特徴である。不安神経症、脅迫神経症、心気神

経症、恐怖症、ヒステリー、などの類型がある。精神障害の中で、器質的原因

がなく心理的、環境的、社会的な原因を呈するものをいう。神経症は、以前ノ

イローゼと言われ、しばしば精神病と混同される誤解があるようですが、神経

症は主に心理的原因によって生じる心身の機能障害の総称であり、精神病

とは異なる。つまり、神経症は器質的な病気によるものではなく、健康な人が

普段から体験するような心や身体に対する感覚や感情が、行き過ぎた状態と

も言える。

-さ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

セルフヘルプ

同じ障害や疾病をもつ者同士がお互いに情報交換したり、助け合うことを 意味し、そのために、グループや団体を結成して活動をしている。障害者 当事者団体などがセルフヘルプグループであり、具体的には、日本身体 …

no image

消費者問題

消費者問題には2つのとらえ方があり、その一つは消費財の取引問題に 限定し、取引過程における不正な問題(例えば品質や価格の面での不利 益な取引)を消費者問題とするもので、もう一つは、消費者とは消費財(商 …

no image

支援費基準

支援費基準には、人件費等サービスに係る費用、運営に係る基本的管理 経費、施設・設備の設置者負担分の減価償却費用が含まれているが、利 用者が負担すべき日常生活に通常必要な費用などは除かれる。また、居 宅 …

no image

脊髄損傷

脊髄は神経系の下位中枢機能と伝導路機能をもつため、損傷部以下の 弛弾性麻痺、全知覚脱失、膀胱直腸障害等を来す。合併症の予防なら びに社会復帰と自立を目指したリハビリテーション等の機能訓練が重要で ある …

no image

障害者福祉

完全参加と平等をテーマとした国際障害者年で確認されたように、障害 者自身や家族の自助努力および社会の連帯は、障害者福祉の基盤とさ れる。身体障害者、知的障害者、精神障害者えお対象とする福祉施策と その …