介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

あ行

エンゼルプラン

投稿日:2018年8月5日 更新日:

今回は「エンゼルプラン」について説明します。

 

エンゼルプランってなに?策定された経緯は?

エンゼルプランとは、ひとことでまとめてしまうと「社会保障だけではなく、雇用、住宅、教育などの分野も含め、総合的な計画としてとりまとめた子育て支援プラン」です。

 

これだけだとさすがに抽象的すぎるので、もう少し詳しく説明します。

 

エンゼルプランは、平成6年の12月に文部・厚生・労働・建設の4大臣合意により策定されました。

 

平成6年なので今から20年以上前の話になりますが、その時点ですでに日本では「少子化」が問題視されており、将来の日本の子ども自身に与える影響や、将来の社会経済への影響が懸念されていました。

 

そのような懸念から、子育て支援を行政はもちろん、企業や地域を含め社会全体として取り組むべき課題として位置づけるべきだという意見などがあり、政府としても力を入れて取り組む問題であると認識されました。

 

そこで策定されたのが、この「エンゼルプラン」です。この計画は将来を見据え、10年間を目途(めど)にして継続的に取り組むべき施策とされ、先述したように社会保障だけではなくさまざまな分野から子育て支援をサポートするためのプランとして注目されていました。

 

エンゼルプランは失敗だった??

このように少子化という日本の将来を左右する問題に対し、社会保障の枠を超えて総合的に子育て支援を推進していこうとしたわけですが、このエンゼルプランは失敗したという見方が強いです。

 

こちらは日本の内閣府が公開している出生数・出生率の推移を示す統計データです。

これをみると、エンゼルプランが始まった1994年以降、出生数・出生率が右肩下がりの傾向にあることがわかります。

このことから、結果としては少子化を改善させるという目的は達成されていないといえます。その意味では失敗と言われてしまうのもしょうがないかも・・・

 

最近のニュースを観ていても、待機児童の問題であったり、育休取得の問題であったりと子育て支援はまだまだ十分ではないと感じてしまいます。

改善されてきている部分もあるとは思いますが、もっと少子化対策に注力しないとますます少子化が進んでしまう気がしますよね。

 

おわりに

今回は「エンゼルプラン」について説明しました。

 

子育て支援をさまざまな分野からアプローチするのは好ましいことで、ねらいとしては悪くないと思うのですが、より具体的な法を定めるなど、もっと突っ込んだ行動が必要だったかもしれないですね。

今後さらに少子化問題は深刻になりそうなので、なるべく早くサポート体制を整えていくことが重要だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!


-あ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

移乗動作

移動前と移動後の平面が変わるときに用いる。日常生活活動の分類、 訓練などで重要なものの一つ。ベッド-車いす、車いす-便器等の乗り 移りの動作をいう。移乗動作は、障害者が日常生活を営むためには、 不可欠 …

no image

栄養失調って?高齢者・若い女性は注意!

今回は「栄養失調」について説明します!   栄養失調の意味や特徴について 栄養失調とは、自分の身体に栄養が十分に蓄えられていない状態を表します。(栄養素の量的不足や質的不足による栄養障害) …

no image

育児ノイローゼ

産褥期(さんじょくき)は出産により母体のホルモンが急激にバランスを崩 し、精神的不安定を生ずる。そのため、心身のストレスが重なり、育児ノイ ローゼが生じやすい。育児に自信がないことを主に訴えるが、神経 …

no image

アイデンティティって? 介護や医療に活かせる?

今回は「アイデンティティ」について説明します! アイデンティティってなに? アイデンティティ・・ この言葉は聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?   アイデンティティとは、社会生活の …

no image

移乗機

移乗介助は最も労力を要する介助の一つであり、介助者の腰痛の一因 ともなるために、移乗機の開発は早くから進められてきました。腰掛けタ イプのものや、天井走行型や移動式懸吊のリフターなどがある。ベッド- …