介護・福祉知識まとめらぼ

当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。お役に立てるよう頑張ります!

あ行

運動許容量

投稿日:

運動の許容される範囲を運動許容量と称している。その要素として運動

の強さ・運動の頻度・運動の継続時間の3要素が挙げられる。運動は、

それを行う人の身体の能力に合わせて実践されれば、精神的解放感や

充実感を得られることになる。また、体力面の低下を防止したり強化した

りすることが可能となる。がしかし、逆にその人の能力を超えて行われた

場合には、心身の健康を損なうことにもなる。また、リハビリテーション工

学の中の一つとして、運動工学があり、運動計測法、運動分析法、運動

シュミレーション技術、運動機能の客観的評価法等がその内容になる。

-あ行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

嚥下困難

飲食物がうまく飲み込めない、むせる、飲み込んだものが食道でつかえる といった障害をいう。痴呆性高齢者や寝たきり高齢者、特に脳卒中などに より運動障害や失行のある人に多く、また舌がんや食道潰瘍(しょくど …

no image

医療法人

医療法に基づき、私的医療機関に与えられる法人格。医業を行うことを 主たる目的とする経営主体が、医業の非営利性を損なうことなく法人格 を取得できるように設けられた特別法人です。また、病院、医師・歯科医 …

no image

一部負担金

健康保険や国民健康保険等の医療保険各法による一部負担金は定率 になっており、健康保険の場合、被保険者3割、被扶養者3割、国民健康 保健は、一般の被保険者3割、退職被保険者3割、介護保険の場合は原 則1 …

no image

罨法(あんぽうほう)

湯たんぽのような温罨法(おんあんぽうほう)と、市販の保冷枕のような 冷罨法(れいあんぽうほう)がある。身体の一部に温熱刺激や寒冷刺激 を与えて安静やここち良さ、痛みの緩和などを図る。罨法は適温があり …

no image

エンゲル係数

このエンゲル係数は生活水準の指標として用いられることもあり、エンゲ ル係数の低下が生活水準の上昇と考えられる。しかし、家族周期の段 階や食生活の質、家族構成、物価等によっては一概にはいえないので 注意 …