冷あん法

冷あん法


  このサイトの趣旨

ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、
介護全般に関する
用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される方々に、または、資格を持っては
いるが実際には介護職に携わっていないけど、勉強した事を忘れない為にも、もう一度復習しておきたい方々に!
是非、これからの介護を支えられるみなさんに、当サイトをご活用いただければ幸いです。


[PR] 現役ケアマネージャーが教える ケアマネ試験にラクラク一発合格できる勉強法

[PR] ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

[PR] 訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック

スポンサードリンク



MENU

  Top>ら行>
冷あん法

  この用語ページでは、冷あん法を説明しています。



 
 氷枕や氷のう、冷湿布等を用いて、患部に寒冷刺激を与え、痛みを和ら

 げたり、沈静化させたりすること。異なる方法には、温あん法がある。また、

 花粉症などでの、目のかゆみや充血の激しいときには、冷やしたタオルを
 
 閉じたまぶたの上に数分間当て、これを数回くり返し、局所に冷たい刺激

 を与えることで、知覚神経の働きを一時的に緩慢にし、かゆみを一時的に

 鈍らせ、症状を抑える効果もある。


 「冷湿布 ・・・ 冷あん法の一つで、局所を皮膚から冷やし、循環を抑え

 ることによって、消炎、鎮痛を図る療法。冷水に浸した布を皮膚表面に当

 て、上から油紙等で防水する。熱を吸ったら交換する」

     スポンサードリンク

     


  ら行(36) 項目



    ライフサイクルリーチャー理学療法理学療法士立位
     
     ・リハビリテーションカウンセラーリハビリテーション医学リハビリテーション計画
     
     ・リハビリテーションリフォームヘルパー留置カテーテル離床寮母療養型病床群
     
     ・臨床検査技師臨床工学技士臨床心理学臨床心理士冷あん法
     
     ・冷汗レクリエーション老人医療費老人休養ホーム老人クラブ老人食
     
     ・老人性痴呆疾患デイケア施設老人性難聴老人デイケア老人病棟老人福祉
     
     ・老人福祉施設老人福祉指導主事老人訪問看護ステーション老人ホーム
     
     ・老人保健施設老人保健福祉計画








    
 
 介護のプチ知識ら行


 用語集

  あ行 
 
  か行 
 
  さ行
 
  た行
 
  な行
 
  は行
 
  ま行
 
  や行
 
  ら行
 
  アルファベットA〜
 

 
 資格情報

 
社会福祉士

 介護福祉士

 精神保健福祉士

 義肢装具士

 視能訓練士

 言語聴覚士

 作業療法士

 理学療法士

 保育士

 保健師

 看護師

 ケアマネージャー

 ホームヘルパー

 盲導犬訓練士

 手話通訳士

 臨床心理士

 音楽療法士

 福祉住環境コーディネーター

 福祉レクリエーションワーカー





Copyright (c) 介護のプチ知識! All Rights Reserved