ユニバーサルデザイン

ユニバーサル デザイン


  このサイトの趣旨

ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、
介護全般に関する
用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される方々に、または、資格を持っては
いるが実際には介護職に携わっていないけど、勉強した事を忘れない為にも、もう一度復習しておきたい方々に!
是非、これからの介護を支えられるみなさんに、当サイトをご活用いただければ幸いです。


[PR] 現役ケアマネージャーが教える ケアマネ試験にラクラク一発合格できる勉強法

[PR] ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

[PR] 訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック

スポンサードリンク



MENU

  Top>や行>
ユニバーサルデザイン

  この用語ページでは、ユニバーサルデザインを説明しています。



 
 障害のある人や高齢者等にも使いやすくするという意味ではバリアフリー

 もユニバーサルデザインも同じであるが、最初からバリアをつくらないとい

 うことに重点を置いているのがユニバーサルデザインの考え方である。障

 壁(バリア)となるものを除去するという意味のバリアフリーの後に提唱され

 た概念であり、設計段階から障壁のないものを構築し、障害のある人や高

 齢者等の特別な人々を対象とした物ではなく、すべての人々が共通して利

 用できるような物や環境を造ることを目指している概念である。ユニバーサ

 ルデザインの7原則、どんな人でも公平に使えること。使う上で自由度が高

 いこと。使い方が簡単で、すぐに分かること。必要な情報がすぐに分かるこ

 と。うっかりミスが危険につながらないこと。身体への負担(弱い力でも使え

 ること)。近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること。など。



     スポンサードリンク

     


  や行(21) 項目



    野外レクリエーション薬剤師薬物療法有償ボランティア有料道路通行料金の割引
     
     ・有料老人ホーム有料老人ホーム協会有料老人ホーム調査員ユニットケア
     
     ・ユニバーサルデザイン要介護認定養護養護学校養護老人ホーム要支援認定
     
     ・腰椎椎間板ヘルニア腰痛予後横出しサービス予防医学予防給付







    
 
 介護のプチ知識や行


 用語集

  あ行 
 
  か行 
 
  さ行
 
  た行
 
  な行
 
  は行
 
  ま行
 
  や行
 
  ら行
 
  アルファベットA〜
 

 
 資格情報

 
社会福祉士

 介護福祉士

 精神保健福祉士

 義肢装具士

 視能訓練士

 言語聴覚士

 作業療法士

 理学療法士

 保育士

 保健師

 看護師

 ケアマネージャー

 ホームヘルパー

 盲導犬訓練士

 手話通訳士

 臨床心理士

 音楽療法士

 福祉住環境コーディネーター

 福祉レクリエーションワーカー





Copyright (c) 介護のプチ知識! All Rights Reserved