言語聴覚士

言語 聴覚士


  このサイトの趣旨

ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、
介護全般に関する
用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される方々に、または、資格を持っては
いるが実際には介護職に携わっていないけど、勉強した事を忘れない為にも、もう一度復習しておきたい方々に!
是非、これからの介護を支えられるみなさんに、当サイトをご活用いただければ幸いです。


[PR] 現役ケアマネージャーが教える ケアマネ試験にラクラク一発合格できる勉強法

[PR] ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

[PR] 訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック

スポンサードリンク



MENU

  Top>
言語聴覚士


  言語聴覚士の資格取得!





 介護・老人ホーム・看護師・医療専門の通信講座、国家資格、スキルアップ、就転職求人!


   就転職に強い資格・スキルをマスター!ヒューマンアカデミー


   ★福祉の現場で活躍できる!高齢化社会の専門技能 >>> 介護事務講座


   ジャンルから検索「通信講座」


   最新の資格動向がわかる!「資格ニュース」


   まなびネット


   あなたにあった働き方が見つかります


   保健・医療・福祉・食で働くあなたに。


   オアシスナビ


   あなたもホームヘルパーとして働いてみませんか?未経験者歓迎!


  介護士の転職(世田谷区)


  ケアの王国【介護のお仕事情報サイト】


  介護福祉の転職ならカイゴジョブ



    


 言語聴覚士は国家資格です。国家試験に合格が必要です。



 受験資格について


  1. 高校卒業後、言語聴覚士養成学校または養成施設において、
    3年以上言語聴覚療法の知識や技術を学ぶ。


  2. 大学などで1年以上(高等専門学校では4年以上)修業し指定科目を履修し、
    指定養成施設で2年以上、言語聴覚士として必要な知識や技術を学ぶ。

   3. 大学(短期大学を除く)などを卒業し、て、指定養成施設で2年以上言語聴覚士
     として必要な知識や技術を学ぶ。

   4. 言語聴覚士方が施行された時点ですでに指定養成施設を卒業しているか、
     または在学中でその後卒業したもの。

   5. 大学などで2年以上(高等専門学校では5年以上)修業し指定科目を履修し、
     指定養成施設で1年以上、言語聴覚士として必要な知識や技術を学ぶ。

   6. 大学(短期大学を除く)などで言語聴覚士になるための指定科目を履修し卒業する。

   7. 海外で言語聴覚士法の学校を卒業したか、免許を取得した人は、
     厚生労働大臣から日本の養成学校で学んだものと同等の技術があるとの認定を受ける。


 ★ 試験科目


    基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、
     音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、
     言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学。



 ★ 試験地

    北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県


 ★ 試験に関するお問い合わせ


     財団法人医療研修推進財団
     東京都港区虎ノ門1丁目22番14号
     ミツヤ虎ノ門ビル4階
     郵便番号105−0001
     電話番号03(3501)6515



     スポンサードリンク


     
 
 介護のプチ知識トップ



 用語集

  あ行 
 
  か行 
 
  さ行
 
  た行
 
  な行
 
  は行
 
  ま行
 
  や行
 
  ら行
 
  アルファベットA〜
 

 
 資格情報

 
社会福祉士

 介護福祉士

 精神保健福祉士

 義肢装具士

 視能訓練士

 言語聴覚士

 作業療法士

 理学療法士

 保育士

 保健師

 看護師

 ケアマネージャー

 ホームヘルパー

 盲導犬訓練士

 手話通訳士

 臨床心理士

 音楽療法士

 福祉住環境コーディネーター

 福祉レクリエーションワーカー



    

Copyright (c) 介護のプチ知識! All Rights Reserved