パラリンピック

パラリンピック


  このサイトの趣旨

ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、
介護全般に関する
用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される方々に、または、資格を持っては
いるが実際には介護職に携わっていないけど、勉強した事を忘れない為にも、もう一度復習しておきたい方々に!
是非、これからの介護を支えられるみなさんに、当サイトをご活用いただければ幸いです。


[PR] 現役ケアマネージャーが教える ケアマネ試験にラクラク一発合格できる勉強法

[PR] ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

[PR] 訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック

スポンサードリンク



MENU

  Top>は行>
パラリンピック

  この用語ページでは、パラリンピックを説明しています。



 
 現在は視覚障害者や切断者も参加する大会となり、もう一つの(パラ)の

 オリンピックという意味で使われるようになった、1948年にイギリスで脊髄

 損傷者のスポーツ競技大会として開催されたのがきっかけで、1960年の

 ローマオリンピック大会からオリンピックの開催地で開かれるようになった。

 1964年の東京大会からパラプレジア(脊髄損傷等のよる下半身麻痺者)の

 オリンピックという意味でパラリンピックと呼ばれるようになった。国際パラリ

 ンピック委員会(IPC)が主催する身体障害者を対象とした世界最高峰のス

 ポーツ競大会であり、通常のオリンピックと同じ年に同じ場所で開催される。

 パラリンピックには障害の度合いに応じた階級が存在し、たとえば、肢体な

 どの障害の場合はLWやLC等の競技ごとの記号と度合いを数字で表す。



     スポンサードリンク

     


 は行(76) 項目



    配食サービス白杖パーキンソン病徘徊バイタルサイン排尿障害排便障害
     
     ・ハイムリッヒ法廃用性症候群パウチ白内障長谷川式知能スケール

     
     ・パラリンピックはりバリアフリー反響言語半座位ピアカウンセリング皮下骨折
     
     ・ビタミンビタミンAビタミンBビタミンCビタミンDビタミンEビタミンKピック病
     
     ・必須アミノ酸非定型型精神病評価日和見感染頻尿頻脈不安神経症
     
     ・フォローアップ副子福祉福祉機器福祉教育福祉コミュニティ福祉資金
     
     ・福祉事務所福祉人材センター福祉人材バンク福祉専門職福祉手当福祉年金
     
     ・福祉マンパワー福祉ミックス福祉用具福祉用具購入費の支給福祉用具専門相談員
     
     ・福祉用具貸与福利厚生センター不整脈プライマリケアプライマリヘルスケア
     
     ・ブリーフセラピープレイセラピー保育士乏尿訪問介護訪問介護員訪問看護
     
     ・訪問入浴訪問入浴介護訪問リハビリテーションポータブルトイレ保健師
     
     ・保健師国家試験保健所保健婦助産婦看護婦法補聴器ボディメカニクス
     
     ・ボランティアボランティアセンター





    
 
 介護のプチ知識は行


 用語集

  あ行 
 
  か行 
 
  さ行
 
  た行
 
  な行
 
  は行
 
  ま行
 
  や行
 
  ら行
 
  アルファベットA〜
 

 
 資格情報

 
社会福祉士

 介護福祉士

 精神保健福祉士

 義肢装具士

 視能訓練士

 言語聴覚士

 作業療法士

 理学療法士

 保育士

 保健師

 看護師

 ケアマネージャー

 ホームヘルパー

 盲導犬訓練士

 手話通訳士

 臨床心理士

 音楽療法士

 福祉住環境コーディネーター

 福祉レクリエーションワーカー





Copyright (c) 介護のプチ知識! All Rights Reserved