喃語

喃語


  このサイトの趣旨

ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、
介護全般に関する
用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される方々に、または、資格を持っては
いるが実際には介護職に携わっていないけど、勉強した事を忘れない為にも、もう一度復習しておきたい方々に!
是非、これからの介護を支えられるみなさんに、当サイトをご活用いただければ幸いです。


[PR] 現役ケアマネージャーが教える ケアマネ試験に3カ月でラクラク一発合格できる勉強法

[PR] ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

[PR] 訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック

スポンサードリンク



MENU

  Top>な行>
喃語

  この用語ページでは、喃語(なんご)を説明しています。



 
 乳児のまだ言葉にならない段階の声をいう。生後4、5ヵ月ころの健常な

 乳児の多くは、同じ音を繰り返し発するようになる(例:バブバブ・アブアブ)。

 この喃語は、しだいに複雑になり、10ヵ月ころには、アクセントや抑揚のパ

 ターンも多様化する。おとなとの相互作用の最中に生じることが多い。また、

 繰り返される発声によって、発声器官は発達する。1音節が次第に多音節

 になり、音の種類も増え、生後8ヵ月頃までに音声はほとんど確認できる。

 喃語は子音と母音からなり、言葉の発達にも深く関係します。喃とは日本

 語の古語では、「なう」という呼びかけでもある。11ヵ月頃になると、非重複

 喃語といわれ、(ババババ)のような規準喃語から(バダ)(バブ)のように、

 喃語の「子音+母音要素が異なる母音」が反復して表出されるようになり

 ます。



     スポンサードリンク

     


 な行(33) 項目



    ナーシングホームナースセンター内部障害内部障害者更生施設喃語
     
     ・難聴ニーズニトロールニトログリセリン日本介護福祉士会日本看護協会
     
     ・日本社会福祉士会入院時食事療養費入浴サービス尿閉任意入院認定調査
     
     ・認定調査員ネグレクトねたきり老人ゼロ作戦ねんりんピック脳血管疾患
     
     ・脳血管障害脳血管性痴呆脳梗塞脳死脳出血脳腫瘍脳神経
     
     ・脳性麻痺脳塞栓脳卒中能力障害ノーマライゼーション





    
 
 介護のプチ知識な行


 用語集

  あ行 
 
  か行 
 
  さ行
 
  た行
 
  な行
 
  は行
 
  ま行
 
  や行
 
  ら行
 
  アルファベットA〜
 

 
 資格情報

 
社会福祉士

 介護福祉士

 精神保健福祉士

 義肢装具士

 視能訓練士

 言語聴覚士

 作業療法士

 理学療法士

 保育士

 保健師

 看護師

 ケアマネージャー

 ホームヘルパー

 盲導犬訓練士

 手話通訳士

 臨床心理士

 音楽療法士

 福祉住環境コーディネーター

 福祉レクリエーションワーカー





Copyright (c) 介護のプチ知識! All Rights Reserved