長坐位

長坐位


  このサイトの趣旨

ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、
介護全般に関する
用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される方々に、または、資格を持っては
いるが実際には介護職に携わっていないけど、勉強した事を忘れない為にも、もう一度復習しておきたい方々に!
是非、これからの介護を支えられるみなさんに、当サイトをご活用いただければ幸いです。


[PR] 介護福祉士らくらく合格勉強法〜問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格〜

[PR] ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

[PR] 訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック


スポンサードリンク




MENU

  Top>た行>
長坐位

  この用語ページでは、長坐位を説明しています。



 
 坐位の一種で、両下肢をのばした状態で座る姿勢をいう。両下肢麻痺の

 場合の基本的な動作肢位である。また、痙直型四肢麻痺の場合は、股

 関節を十分屈曲できず、骨盤は後傾し、仙骨部で支持している。坐位の

 基底面上に重心を保つために、体幹を過剰に屈曲しており、 肩を挙上し、

 後頭部を短縮しながら、周囲を見るために頭部を挙上する。 股関節は、軽

 度屈曲・内転・内旋、膝関節屈曲、足関節は底屈しているため、支持面は

 狭く不安定である。長坐位は股関節の屈曲とともに体幹の伸展や股関節の

 外転・外旋・膝の伸展という複雑な運動の分離を必要とする。全体的運動に

 支配されている痙直型四肢麻痺児にとって、長坐位は非常に苦手な姿勢と

 なる。そのうえ支持面が狭く、上肢で支持することもできないため、多くの子

 どもは長坐位をとることが難しく、そのような子どもはとんび座りを好む。



     スポンサードリンク

     





 た行(64) 項目



    重複障害ターミナルケア体位第一号被保険者第二号被保険者
     
     ・脱水症ショートステイ短期入所療養介護端座位チアノーゼ地域ケア会議
     
     ・地域福祉地域福祉基金地域福祉センター地域保健チーム運営方式チームケア
     
     ・チームワークチェーンストークス呼吸知的障害児施設知的障害者
     
     ・知的障害者更生施設知的障害者通勤寮知的障害者福祉司痴呆痴呆性高齢者
     
     ・痴呆性高齢者グループホーム中途視覚障害者中途障害者聴覚障害長坐位
     
     ・聴導犬聴能訓練士治療食椎間板ヘルニアデイサービス通所施設
     
     ・通所リハビリテーション痛風つえ低温やけどデイケアデイサービス計画
     
     ・デイサービス事業摘便テクスチャー手浴点字器点字図書館電動車いす
     
     ・電話補助機器統合教育統合失調症糖尿病特殊学級特定給食施設
     
     ・特定施設入所者生活介護特定疾病特定保健用食品吐血特定有料老人ホーム
     
     ・特別養護老人ホームドライシャンプートランキライザー




    
 
 介護のプチ知識た行


 用語集

  あ行 
 
  か行 
 
  さ行
 
  た行
 
  な行
 
  は行
 
  ま行
 
  や行
 
  ら行
 
  アルファベットA〜
 

 
 資格情報

 
社会福祉士

 介護福祉士

 精神保健福祉士

 義肢装具士

 視能訓練士

 言語聴覚士

 作業療法士

 理学療法士

 保育士

 保健師

 看護師

 ケアマネージャー

 ホームヘルパー

 盲導犬訓練士

 手話通訳士

 臨床心理士

 音楽療法士

 福祉住環境コーディネーター

 福祉レクリエーションワーカー





Copyright (c) 介護のプチ知識! All Rights Reserved