温あん法

温あん法


  このサイトの趣旨

ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、
介護全般に関する
用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される方々に、または、資格を持っては
いるが実際には介護職に携わっていないけど、勉強した事を忘れない為にも、もう一度復習しておきたい方々に!
是非、これからの介護を支えられるみなさんに、当サイトをご活用いただければ幸いです。



[PR] ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

[PR] 訪問介護 サービス提供責任者 ハンドブック



スポンサードリンク



MENU

  Top>あ行>
温あん法


  この用語ページでは、温あん法を説明しています。



 
 湯たんぽ、かいろ、温湿布、電気毛布、電気あんかなどがあり、多くは

 保温の目的で用いられ、乾熱によるものと湿熱によるものがある。温熱

 の刺激で身体を温めることは、血液の循環をよくし、痛みを和らげ、運動

 を楽にする効果がある。いずれも患部を温め血管を拡張させ、循環改善

 により亜急性あるいは慢性病変による疼痛の軽減を意図する。筋緊張

 弛緩による効果も期待される。また、湿熱ではタオルや布を湯で温める

 簡便な方法や,保温性の良いホットパックを用いる方法があり、カイロや

 湯タンポは一種の乾熱療法である。

    




 あ行(77) 項目



    アイデンティティアウトリーチあえ物アカシジアアクセスフリーアクティビティ
     
     ・アクティビティサービスアセスメントアテトーゼアニマルセラピーアフターケアー

    
    アルコール依存症アルコール精神病アルコール中毒アルツハイマー痴呆アレルギー
     
     ・アルツハイマー病罨法安眠医学的リハビリテーション医学モデル
     
     ・育児ノイローゼ育成育成医療意識障害移乗機移乗動作依存的ニーズ委託
     
     ・委託事業委託施設委託費炒め物一次障害一次判定一部調査一部負担金
     
     ・一般自動車道使用料金の割引異物収集医療ソーシャルワーカー医療ソーシャルワーク
     
     ・医療福祉医療法人医療保険医療保護入院インシュリン
     
     ・インテークインテグレーションインフォーマルサービスインフォームドコンセントうつ状態
     
     ・ウイルス感染症ウォーターベッドウォーターマットウォームアップ
     
     ・上乗せサービス運動許容量運動処方運動麻痺運動療法栄養士栄養失調
     
     ・栄養所要量栄養摂取量エコマップエコロジカルアプローチエリザベス救貧法嚥下
     
     ・嚥下困難エンゲル係数エンゼルプランエンパワメント温あん法音楽療法
     
     ・音声障害温熱療法オンブズマン



     スポンサードリンク

     

    
    
 
 介護のプチ知識あ行


 用語集

  あ行 
 
  か行 
 
  さ行
 
  た行
 
  な行
 
  は行
 
  ま行
 
  や行
 
  ら行
 
  アルファベットA〜
 

 
 資格情報

 
社会福祉士

 介護福祉士

 精神保健福祉士

 義肢装具士

 視能訓練士

 言語聴覚士

 作業療法士

 理学療法士

 保育士

 保健師

 看護師

 ケアマネージャー

 ホームヘルパー

 盲導犬訓練士

 手話通訳士

 臨床心理士

 音楽療法士

 福祉住環境コーディネーター

 福祉レクリエーションワーカー





Copyright (c) 介護のプチ知識! All Rights Reserved